// 【受注生産】防爆同時通話無線機 AHV401SF【信和ユニテック】 | 川崎電子株式会社

【受注生産】防爆同時通話無線機 AHV401SF【信和ユニテック】

AHV401SF

AHV401SF

在庫状態 : 入荷待ち

> お問合せフォームはこちら

 

※価格の表示がないものや、入荷待ちの商品はお問合せフォームよりお問い合わせください。

 

【本質安全防爆構造携帯型無線機】

ガス蒸気防爆検定(対象ガス2G2)取得
爆発性ガスの発生あるいはその恐れのある場所での使用が可能
※対象ガスは、下表の爆発等級を参照してください

 

■ここがポイント


◆送信出力最大1mW
工場の設備や機械の電気回路にほとんど悪影響を与えない
◆選択呼出標準装備
本体前面から呼出音が出て、わかりやすい
◆ニッケルカドミウム電池パック使用
専用充電器で簡単に充電可能

 

 

■主な特長


◆ハンドフリー、同時通話が可能
◆衝撃に強く、防滴構造のケースで、多少の雨でも使用可能
◆チャネル変更等はディップロータリースイッチで簡単切替
◆コンパンダ採用でクリアな通話

 

■主な仕様

AHV401SF
送受信周波数 受信454.05MHZ〜454.19375MHZ
送信413.7MHZ〜414.14375MHZ
電波形式 F3E(FM)
送信出力 1mW以下
受信方式 ダブルスーパーヘテロダイン方式
通信方式 複信または半複信方式
チャネル数 送信72チャネルの中の1チャネル
受信24チャネルの中の1チャネル
周波数切替方式 ディップロータリースイッチによる手動切替方式
電源電圧 ニッケルカドミウム電池パック出力電圧 2.5V
消費電流 送受信時:約110mA
受信時 :約100mA
待受時 :約80mA
使用温度・湿度範囲 温度 -10℃〜40℃
湿度 95%(+35℃における相対湿度)
連続動作 通常の使用状態で8時間動作させたとき異常の無いこと
送信部:空中線電力 1mW +20〜50%
受信部:音声出力 2mW以上 (300Ω負荷にて)
外形寸法 65×28×105?(突起物を除く)
重量 本体:約240g / 皮ケース約50g
防爆構造および対象ガス 本質安全防爆構造  2G2
使用時間 連続通話(送受信1分/受信3分)ニッケルカドミウム電池パック  約4時間
間欠通話(送受信1/受信1/待受8の比にて)ニッケルカドミウム電池パック  約5時間

 

■爆発等級

AHV401SF
発火度 G1 G2 G3 G4 G5 G6
爆発等級1 アセトン
アンモニア
一酸化炭素
エタン
酢酸
酢酸エチルトルエン
プロパン
ベンゼン
メタノール
メタン
エタノール
酢酸イソベンチル
1-ブタノール
ブタン
無水酢酸
ガソリン
ヘキサン
アセトアルデヒド
エチルエーテル
爆発等級2 石炭ガス エチレン
エチレンオキシド
爆発等級3 水性ガス
水素
アセチレン 二酸化炭素

 

 

■クレーン(重機)用同時通話無線機 AFV401SCAFV401SDと組み合わせて
爆発性ガスの発生あるいはその恐れのある場所での使用可能(計器類にほとんど影響なし)

関連商品